糸で脱毛する蝶式糸除毛は台湾式産毛取りの特許技術

蝶式糸除毛スクール

蝶式糸除毛1dayスクール講座で貴サロンに蝶式糸除毛を導入できます!

1day講座で糸除毛をサロンメニューに! 
蝶式糸除毛講座詳細はこちら

蝶式糸除毛をサロンに導入

日本においても徐々に新式の蝶式糸除毛を取り入れようとする各種サロンや糸除毛で開業しようとされる方が増えてきています。
糸で脱毛

まだ日本では認知度は低いながらも、お客様の方から調べて来店されることも多く、ライバルが少ないメニューとして注目されています。

新式の蝶式糸除毛は美容効果が高く、エステ・ネイル・リラクゼーション・ブライダル・美容室など様々な業種のサロンとも組み合わせやすいメニューで、サロン集客の目玉になりやすく、また組み合わせにより客単価アップにも貢献します。

蝶式糸除毛の導入メリット

糸で産毛を脱毛する台湾の特許技術

糸除毛(スレッディング)はアジア諸国だけでなく、ニューヨークでも流行ってきており、日本でも糸除毛を取り入れられるサロンが徐々に増えて来だしていますが、日本での糸除毛の認知度はまだまだこれからというところです。(2010年春時点)

既に認知度が高まりきったメニューは既に流行りきって、地域によっては過当競争となっています。

エステサロン・リラクゼーションサロン・美容室・ネイルサロンなどサロンの経営に関わらず、既に流行って競合他社も扱っているものではなく、これから流行りそうなもの・流行りかけているものを他社よりも先に扱うということはどのような業種でもとても重要なことです。

美容業界に限らず、流行やブームというのは一般的に次のような曲線を経て流行ります。
流行やブームの曲線

今は認知度が上がって地域内で何店舗もが取り扱っているサービスでは、導入期から取り入れていてたサロンは先行者利益を得て流行・ブームと共に成長することが出来ました。

それに対して、安定・衰退期に入ってくると地域内でも導入店舗が増え、価格がどんどん下がって過当競争になってしまっている場合も少なくなくありません。

「これから流行りそうなメニュー」を早い時期に取り入れることは、近隣競合サロンと強い差別化が出来ることにも繋がります。

低資本で開業できる糸除毛

美容業界に長く従事している蕭麗華先生が新式の蝶式糸除毛のプロコースを開設したのも、蝶式糸除毛の効果が高く、かつ低資本で開業できる美容技術として注目したから。

台湾では蝶式糸除毛講座の卒業生890人のうち、一から糸除毛で開業した人も多数います。(美容院やエステ、ネイルサロンなど、すでに美容業で開業していた人の受講者割合も高いため、講座を受講されて糸除毛で開業された方はかなりの割合です。)

低資本で開業できる糸除毛

必要なものは技術の他は糸・手袋・パウダーのみのためコストがかかりません。自宅サロンや出張サロンなど、スタイルも様々です。週末起業からはじめた人や副業で取り組んでいる人もいらっしゃいます。

独立開業技術と伸しての魅力

リピーターが多いことの他に蝶式糸除毛が開業技術として優れている点とは

糸除毛は特別な機械や道具がいらず低資本で開業できるため、台湾国内だけでなく、韓国、ブラジル、日本など世界中で多くの人が開業しています。

また、もともと美容院やエステサロン、リラクゼーションサロンなどを経営されている方で、オプションメニューとして糸除毛を取り入れられる方も多いです。
台湾式の糸で産毛取り

糸と手袋だけで始められる糸除毛は、日本と同じく不景気が続いている台湾でも、低資本で開業できる技術として人気が高まり、修得する人が増えてきています。
低資本で開業できる糸除毛

修得後の実践性が高く、低資本で開業しやすい技術として認められ、2008年から2009年にかけては台北県政府の失業者対策の学費補助対象講座に認定されました。

日本でも新式の蝶式糸除毛は

など様々な方が学び出されています。

蝶式糸除毛はこれから開業する方にも、すでにエステ・ネイル・リラクゼーション・ブライダル・美容室などのサロンやお店をされている方のオプションメニューとしてもとても魅力的なメニューとなります。

蝶式糸除毛講師紹介

新式の蝶式糸除毛発明者・特許権者の蕭麗華(シャオ・リーホア)先生です。
糸除毛スクール講師

長年美容健康業界に従事、セラピスト、指導者として活躍するかたわら、政府主催の講演会や技能指導にも携わっています。

実務者としてだけでなく、指導者としての腕も折り紙つきです。指導経験豊富な麗華先生の指導は的確で、出来ない原因を素早く見抜き、適切なアドバイスや模範実技で受講者の問題を解決します。

第40回国際技能コンテスト美容部門指導者第一位取得など糸除毛技術の指導数は世界トップクラスの優しく明るい、気さくな先生です。

蕭麗華経歴

蝶式糸除毛1day講座講座内容

蝶式糸除毛1day講座

蝶式糸除毛の創始者・蕭麗華先生が美容分野で、早くマスター出来て、かつ低資本で起業できる方法がないかというところから考案し、彼女自身と同じく特殊児童をもつ母親のグループに糸除毛技術を教えることからはじめ、失業中の女性や移民してきた外国人などにも低価格で技術を教えていったという経緯もあり、 蝶式糸除毛1day講座は技術を短期間で習得でき、低資本で開業できる手段として開催されています。

そのため、1day講座のみの料金で技術を習得して開業でき、修了証(台湾の社団法人台灣美容技藝發展協會が発行する技術合格証書)を取得されればご自由に価格設定・営業していただけます。 また、月会費・年会費などは無料です。また、糸除毛を行う際に使用する化粧品類等を強制指定することもありません。

1day講座ですが体験版などではなく、台湾政府失業者対策補助講座にも認定された、開業可能なプロ使用の内容です。
蝶式糸除毛1day講座

1日だけの講座で糸除毛を出来るようになるのか不安という方もいらっしゃいますが、その講座を受けて練習することで多くの方が技術を身につけて仕事として行える内容だからこそ首都の行政府によって失業者対策補助講座として認定されたわけです。

台湾での1day講座(随時開催)と日本での1day講座(不定期開催)があります。

台湾での1day講座と日本での1day講座とでは料金が異なります。
※講師の渡航・滞在費・通訳料などが必要なため、台湾での講座より日本での講座の方が講座代金自体は高くなりますが、台湾への渡航費・滞在費を考慮するとトータルで必要な費用は大きくは変わりません。

蝶式糸除毛1day講座料金

台湾での1day講座

受講場所:台湾 台北市もしくは永和市

申込・受講時期:随時 1ヶ月以上前にご予約ください。

講師:蕭麗華先生または指導者資格所有講師。蕭麗華先生に教わりたい方は早めにご予約ください。
台湾での糸除毛スクール

時間:1日 6〜8時間程度

台湾での1day講座受講料:1名様:128,000円
(1名様で参加される際は別途モデル代が必要です。2名様以上の場合はお互いでモデルをしていただきます。)

受講費に含まれるもの
受講料・通訳料・教材費・修了証(技術テストに合格した方にお渡しします)

受講費に含まれないもの
渡航費・宿泊費・現地での食費など
現地行動でかかる費用・旅行保険・補講手配費
台湾までの交通・宿泊手配は各自で行っていただきます。

蝶式糸除毛1day講座申込(台湾開催)

日本での1day講座

受講場所:日本各地

開催時期:不定期開催

講師:蕭麗華先生

受講料:開催地などにより異なります。

講師の渡航費や日本での通訳料などが含まれるため、台湾での1day講座受講料:1名様:128,000円に比べると日本で開講の際の受講料は若干高くなりますが、台湾で受講する際は必要となる台湾への渡航費・滞在費を考慮すると日本で受講する場合も台湾で受講する場合もトータルで必要な額は大きくは変わりません。

2010年5月 蝶式糸除毛1dayスクール講座日本開催模様

5月11日〜14日の4日間、蝶式糸除毛の考案者・特許権者の蕭麗華先生が来日され、日本各地でプライベートレッスン・独占レッスン・少人数グループレッスンを開催いたしました。

プライベートレッスン・独占レッスンはもちろん、グループレッスンも少人数制で充実した内容でした。
台湾で開催しているグループレッスンは多い時は30人を一度に教えることもある蕭麗華先生ですが、日本人対象のグループレッスンは少人数のため、濃密な講座となっています。
蝶式糸除毛スクール 日本グループレッスン

次回の日本でのスクール日程は未定です。蝶式糸除毛日本開講案内希望フォームから送信いただきますと、次回の日本開講日程が決まりましたらご連絡させていただきます。
日本での糸除毛スクール風景

蝶式糸除毛1dayスクール講座 日本開催・団体申込・主催希望について

よくあるご質問
受講規約 プライバシーポリシー

お気軽にお問い合わせください

1day講座で糸除毛をサロンメニューに! 
蝶式糸除毛講座詳細はこちら

[0]↑ページトップへ

[1]蝶式糸除毛トップ
[2]糸除毛の美容効果
[3]糸除毛の歴史
[4]蝶式糸除毛とは
[5]蝶式糸除毛創始者
[6]世界の糸除毛状況
[7]台灣美容技藝發展協會
蝶式糸除毛をサロンに導入
[8]糸除毛スクール講座詳細
日本での糸除毛スクール申込
台湾での糸除毛スクール申込
団体申込・主催希望受付中!
[9]お問い合わせ
[#]パソコン用サイト
友達にメールで教える


http://threading.jp
Copyright©Sanrokudo.2010-2012