蝶式糸除毛の創始者である蕭麗華(シャオ・リーホア)先生による蝶式糸除毛講座を2016年11/26(土)に開催いたします。

11/26(土)の蝶式糸除毛講座受講お申込受付は9/27(火)の12時から開始いたします。

実習中心の講座のため、定員に達し次第、お申込受付を終了とさせていただきます。

蝶式糸除毛1day講座の詳細はこちら 受講お申込方法はこちら

最新情報は蝶式糸除毛Facebookページスタッフブログでご案内いたします。

痛みが少ない糸での台湾式特許脱毛技術 蝶式糸除毛

糸による産毛・ムダ毛の脱毛法。蝶式糸除毛は台湾式産毛取りの新技術糸除毛は糸で産毛やムダ毛を脱毛してお肌がツルツルになる他、昔から美白効果・リフトアップ効果など様々な美容効果があるとされてきました。

糸を使って産毛やムダ毛を脱毛する糸除毛は隋の時代に中国ではじまり、アジア各国はもちろん、今や世界中に広がっています。糸除毛は英語ではThreading(スレッディング)と言い、ニューヨークでも数多くの糸除毛店があります。

糸で脱毛する方法は様々な方法があり、台湾式の伝統的な糸除毛(挽面)を改良し、特許取得された手法が蝶式糸除毛(蝶式挽面)です。

蝶式糸除毛は昔ながらの伝統的な糸除毛(挽面)の問題点を改良し、開発された新式の糸での脱毛法で、従来の糸除毛よりも痛みが少ない他、顔の産毛やムダ毛を脱毛する以外にも、糸一本で眉毛を整えたり、男性のひげを抜いたりすることもできます。糸で眉を整える

蝶式糸除毛の手法は台湾で特許取得されており、従来の糸での脱毛との方法や痛みの違いなどがテレビなど各種メディアで取り上げられています。下のニュース映像でピンクのエプロンで新式の蝶式糸除毛の手法を説明しているのが新式の糸除毛・蝶式糸除毛の考案者、蕭(シャオ)先生です。

蝶式糸除毛がテレビニュースで報道されている映像

蝶式糸除毛のリフトアップ効果が報道されている映像

蝶式糸除毛は台湾発の糸での脱毛法

台湾式の糸での脱毛特許技術である蝶式糸除毛は
従来の伝統的な糸での脱毛方法と比べると、

  • 痛みが少ない
  • 皮膚へのダメージが少ない
  • 毛穴を小さく引き締める効果がある
  • 肌がツルツルになり、ツヤがでる
  • 自然なリフトアップ効果
  • 口を使わない手法なので衛生的
    (マスクの装着が可能)
  • 産毛・ムダ毛を脱毛するだけでなく、
    眉毛を糸でカットすることが出来、糸だけで眉毛を整えられる
    などの利点があります。

その他、新式の蝶式糸除毛には様々な美容効果があります。

糸で産毛取りをしたビフォーアフター

糸で脱毛すると肌表面の余分な角質に加えて、毛穴の中に詰まった脂栓も取り除きます。

毛穴に詰まった脂栓や、肌表面の余分な角質を取ってしまうため、
糸除毛は昔から肌がツルツルになり、美白効果があるとされています。

糸で脱毛することで脂栓を取り除け、ニキビや黒ずみが解消 されることもあるため、糸除毛はニキビに効果があるとも言われてきました。

顔の部位ごとの糸除毛

「糸で脱毛する」と聞くと、どうしても「すごく痛いのでは?」と思われがちですが、新式の蝶式糸除毛では伝統的な糸除毛(挽面)を改良していて、
伝統的な糸除毛より痛みが少ない
と注目を浴び、各種メディアで取り上げられている他、2010年開催の上海万博では台湾館で蝶式糸除毛が紹介されています。

蝶式糸除毛が痛みが少ないというのは、従来の糸除毛は「糸で毛を引っ張って抜く」という感じで皮膚へダメージを伴うものだったのが、蝶式糸除毛の場合は「弾く力を利用する」感じで皮膚へのダメージが少ないという点が痛みが少ない理由の1つです。

また、従来の糸除毛は「面」で毛を取るのに対し、蝶式糸除毛は作用面積が狭く、「点」で毛を取るため、皮膚へのダメージが少ないことも痛みが少ない理由です。(蝶式糸除毛は作用面積が狭いため、点で狙った1本を抜けるようになります。)

そのため、蝶式糸除毛を体験された方のご感想で多いのが、「痛みは少なく、ゴム糸で弾かれてマッサージされているような感じ」というものです。(蝶式糸除毛で使用する糸はゴムではありませんが、弾かれている感覚がゴム糸でマッサージされている感覚に近いというご感想が多いです。)

蝶式糸除毛のビフォーアフター

蝶式糸除毛(蝶式挽面)の手法は台湾で特許取得されています。

剃った場合(シェービング)

シェービングでは毛が切った断面を先端として伸びるため、毛が太くなったように見える
シェービングの毛の断面

糸除毛した場合(Threading スレッディング)

糸除毛では毛を根元から抜いてしまうため、表面に毛が出てくる周期が長くなる
糸除毛(スレッディング)の仕組み

蝶式糸除毛では顔の産毛・ひげだけではなく、身体の産毛・ムダ毛を脱毛することも出来ます。
脚の産毛・ムダ毛を糸で脱毛

糸での脱毛法、糸除毛(Threading スレッディング)は元々はアジアの伝統美容法ですが、最近では欧米にも拡がっており、世界中様々な国に拡がっています。

You Tubeで「Threading」で検索すると2013年5月現在、15万件の世界中の糸除毛映像が出て来、様々な手法の糸除毛(Threading)が世界中で行われていることが分かります。

You Tubeでの「Threading」で検索結果は2010年5月時点では4000 件、 2011年 9月時点では6000 件、2012年8月現在では13700件のでしたので、急速に増えていっています。

ニューヨークでも数多くの糸除毛店があります。

サロンで行われるスレッディング(糸除毛)

マレーシアの大手エステチェーンで行われているスレッディングのイメージ映像です。スレッディングで産毛取りをした後、小顔効果・リフトアップ効果が高い「かっさ」を行っている映像です。

スレッディングは産毛取りで肌がツルツルになり、余分な角質を取って毛穴の皮脂詰まりを解消するため、エステサロンでスレッディングを提供するサロンも増えています。(映像では素手に糸を巻いていますが、実際の蝶式糸除毛の施術では手袋を付けます)

日本で糸除毛(スレッディング)をメニューに取り入れるサロンも徐々に増えてきつつあります。

蝶式糸除毛をサロンメニューに加えられている方のお声

蝶式糸除毛をサロンメニューに導入するには?

蝶式糸除毛と従来の伝統的糸除毛の違いはこちら  蝶式糸除毛の美容効果はこちら

蝶式糸除毛講座

蝶式糸除毛の創始者である蕭麗華(シャオ・リーホア)先生による蝶式糸除毛講座を2016年11/26(土)に開催いたします。

11/26(土)の蝶式糸除毛講座受講お申込受付は9/27(火)の12時から開始いたします。

実習中心の講座のため、定員に達し次第、お申込受付を終了とさせていただきます。

糸で産毛を脱毛し、眉を整えるスレッディング技術を学べる蝶式糸除毛1day講座の詳細はこちら

蝶式糸除毛講座の受講お申込方法はこちら

最新情報は蝶式糸除毛Facebookページスタッフブログでご案内いたします。

蝶式糸除毛講座は不定期開催となっております。開講お知らせ希望フォームより送信いただけますと、次回以降の日程が決まり次第、メールにて講座日程をご連絡させていただきます。

9/10の蝶式糸除毛講座のスクール風景写真・講座レポートはこちら

蝶式糸除毛1day講座 糸除毛を貴サロンに導入できます。月会費など無料。エステ・ブライダル・美容室はもちろん自宅サロンや出張での低資本での開業も可能!

pagetop