糸で産毛・ムダ毛を脱毛する台湾式の痛みが少ない脱毛法

旧正月の前に 幸運を呼び込む開運糸除毛

スタッフ

2020年の旧正月(春節)は1月25日。
旧暦でお正月を迎える台湾では、お正月の準備もいよいよ大詰めを迎えています。

お正月前の開運糸除毛

昔、台湾では、新しい年を迎えるため、旧暦の12月25日に既婚女性が顔の糸除毛をするという習慣がありました。

【圖畫民俗】嬸婆挽臉有一套

挽面(顔を糸除毛すること)には不運を追いやり幸運を呼び込む効果があるされ、お正月前の他、嫁入り前にも糸除毛をしていました。

今でもその考え方は残っていて、お正月前に糸除毛をしたり、眉を整えたりする人が男女ともにたくさんいます。

顔を糸除毛をすると運気がよくなるという考え方は、面相学とも関係があります。

面相学では顔は十二宮という範囲に分けられ、それぞれの場所に関連する運気を見ます。

それぞれの宮の場所の色、ツヤ、凹凸、ほくろやあざなどから運気や吉兆を判断します。

色ツヤでいうと、ツヤがあるのが運気がいいとされています。

糸除毛をすると運気が上がると言われるのは、糸除毛をすると、ムダ毛、産毛、表面の角質や角栓がとれ、顔が清潔になり、くすみが抜けて顔色が明るくなり、ツヤがでるからです。

スタッフ

人の運気をアップさせることから、糸除毛の施術をする方の運気もアップするそうですよ。

蝶式糸除毛で開運眉に

蝶式糸除毛講座では、糸で眉を整える実習の際に、開運眉についてもお話ししています。

眉の周りの宮を図にしてみました。

命宮:眉間。人の運気が分かる場所で、運勢の良し悪し、吉凶の兆しが表れるところ。命宮の色ツヤがいいのは願いが叶う兆し。

兄弟宮:眉全体と眉上。身内の縁や身内の運気。

田宅宮:眉と目の間。家屋敷や遺産相続についての運気。

福徳宮:眉の上部分。財産や金運、商売運(仕事運)、人気。

蝶式糸除毛講座では、簡単にですが、十二宮のその他の宮についてもお話ししています。

スタッフ

シャオ先生のサロンにも、面相学の先生から糸除毛を薦められて蝶式糸除毛を受けに来られるお客様が男女ともにたくさんいらっしゃいます。お顔をきれいにすることは、運勢にもいい影響を及ぼすと考えられています。

ニューヨークやロサンゼルスで人気のThreading

ニューヨークやロサンゼルスなどでのThreading(スレッディング)の人気について映像でご覧いただけます。

アメリカやヨーロッパでは糸でムダ毛・産毛を脱毛したり、糸で眉毛を整えるスレッディングを行うエステサロンや美容室が街中に沢山あります。

痛みが少ない糸での脱毛法

蝶式糸除毛が痛みが少ない・リフトアップ効果がある・美容効果が高いと注目される理由が分かる動画です

スレッディング技術を1日で学べるスクール

糸で脱毛する蝶式糸除毛スクール

エステサロンや美容室などサロン経営者の方や将来的にサロン開業をお考えの方などが受講されており、スレッディング(糸除毛)を習得することで、

  • 「リピート率が上がった」
  • 「客単価が上がった」
  • 「お客様の来店頻度が上がった」

というサロン経営者の方が多いです。

サロンメニューに蝶式糸除毛を導入/開業された方のサロン経営状況

蝶式糸除毛1day講座の詳細はこちら

蝶式糸除毛講座のスクール写真・受講生のお声はこちら

蝶式糸除毛講座は不定期開催となっております。開講お知らせ希望フォームより送信いただけますと、次回以降の日程が決まり次第、メールにて講座日程をご連絡させていただきます。

SNSでフォローする