糸で産毛・ムダ毛を脱毛する台湾式の痛みが少ない脱毛法

男性の蝶式糸除毛セラピストがテレビ出演しました

台湾のバラエティ番組「最強大國民」に蝶式糸除毛の男性セラピストが出演した際の動画をご紹介します。

番組中では意外な特技を持つ男性として男性セラピストが登場するのですが、意外にも3つのヒントだけで、5人中3人の回答者に男性の特技が「糸除毛」であることを見抜かれてしまいました。

回答者のタレントさんによると、昔は糸除毛の施術者といえばおばさんかおばあさんと相場が決まっていたのが、最近は男性で糸除毛を仕事にする方が増えてきて、市場などで糸除毛を提供する男性セラピストをよく見かけるようになったそうです。

特技の糸除毛の実演では、はじめて糸除毛をする女性の顔半分を糸除毛していきました。(糸除毛の実演は上の動画の11分頃です)

蝶式糸除毛はこのように椅子に座ったままでも施術出来ます。イベントでも施術できますし、出張での施術にも向いています。

モデルさんの蝶式糸除毛初体験の感想としては、目尻のところは結構痛く、他の場所は産毛がからめとられている感覚とのこと。

向かって左側が糸除毛をした方です。リフトアップしているのがはっきりと分かりますね。

目尻の高さも左右で違いますし、頬全体がリフトアップして、顔のラインが全体的にすっきりしています。

蝶式糸除毛は数ある糸除毛の手法の中で、唯一の弾く力を利用して糸を動かす手法です。弾く力を使うため、タッピングと同じようなリフトアップ効果や美肌効果があります。この弾く力を使う点が蝶式糸除毛の最大の特徴です。

おでこの比較です。画像の字幕は回答者のタレントさんの「どうして目が大きく見えるの?」というコメントの字幕です。

この他にも「ほうれい線が薄くなってる」「糸除毛した方の顔が小さくなった」「透明感が増した」などの驚きのコメントが口々に上がっていました。

こちらはおでこの横からの比較。左側はおでこの産毛がなくなって、白く明るくなっているのが分かりますね。

司会者の女性も「毛って黒いからあるだけで暗く見えるね。」と言っていました。

また、モデルの女性に「終わったら糸除毛した方の顔が白くなっているのが分かると思う。またすぐ彼に頼みに行ってね」と言っていました。

台湾では男性受講生も多い蝶式糸除毛講座。少ない道具ではじめられる蝶式糸除毛は、男性の起業のための技術としても注目を浴びています。

スレッディング技術を1日で学べるスクール

糸で脱毛する蝶式糸除毛スクール

糸で脱毛し、眉毛を整えるスレッディング技術を1日で学べる蝶式糸除毛講座2019年6/22(土)に開催いたします。

エステサロンや美容室などサロン経営者の方や将来的にサロン開業をお考えの方などが受講されており、スレッディング(糸除毛)を習得することで、

  • 「リピート率が上がった」
  • 「客単価が上がった」
  • 「お客様の来店頻度が上がった」

というサロン経営者の方が多いです。

スレッディング(糸除毛)の映像

糸で産毛やムダ毛を脱毛し、眉毛を糸で整えている様子を1分間の動画でご覧いただけます。

蝶式糸除毛講座のスクール写真・受講生のお声はこちら

蝶式糸除毛1day講座の詳細はこちら

蝶式糸除毛講座は不定期開催となっております。「蝶式糸除毛講座を受講したいものの、2019年6/22(土)はご都合が合わない」という方は開講お知らせ希望フォームより送信いただけますと、次回以降の日程が決まり次第、メールにて講座日程をご連絡させていただきます。

LINEで台湾美容技芸発展協会 日本語窓口を友だちに追加していただくと、次回以降の講座日程が決まり次第、LINEでご連絡させていただきます。

友だち追加