糸で産毛・ムダ毛を脱毛する台湾式の痛みが少ない脱毛法

2017年12/2の蝶式糸除毛講座スクール風景写真、受講生のお声

蝶式糸除毛講座のスクール風景写真・レポート・お声2017年12月

2017年最後の「糸で産毛・ムダ毛を脱毛するスレッディング技術を学ぶスクール・蝶式糸除毛講座」を、2017年12月2日(土)に大阪にて開催いたしました。

12/2(土)の蝶式糸除毛講座のスクール風景写真

写真はクリック(タップ)すると拡大されます。

講座レポート

2017年12月2日の蝶式糸除毛講座は関東、中部、関西から受講生の方に来ていただきました。
今回は特に関東の方の割合が高かったです。

毎年紅葉の季節は、海外からの団体ツアーが早期にホテルをおさえるため、新大阪周辺も多くのホテルが9月頃には満室になってしまいます。今回もなかなかお宿が取れない中、遠方からも大阪に来ていただき、本当にありがとうございます。

今回は蝶式糸除毛をメニューに加えられたいとお考えのエステティシャンの方をはじめ、台湾や、今お住いの地域で糸除毛を経験されて気に入られ、今後の仕事として取り組みたいという受講生の方もいらっしゃいました。

以前は台湾や韓国で糸除毛を体験されたとおっしゃる方がほとんどだったのですが、最近は日本で糸除毛を体験された方が増えてきたと感じます。

蝶式糸除毛をすでに導入しているお友達のセラピストさんのお店で蝶式糸除毛を体験され、その方のご紹介で受講して下さった方もいらっしゃいました。修了生の方にご紹介をいただくことは、本当にありがたく、また、たいへん光栄に思います。

子育てが落ち着いて来て時間が出来たので、ご自分の好きなことに取り組みたいということで、蝶式糸除毛を選んでくださった方もいらっしゃいました。

2010年から日本で開始した蝶式糸除毛講座は、2013年からは予習用DVDをお送りし、糸の巻き方と基本動作を予習してから1day講座を受講、受講後に復習用DVDやサポートサイトで練習していただく通信+スクーリングのような形態になっています。

今回もみなさましっかりと予習をして来てくださっていましたので、糸の巻き方のチェックから、基本の開閉動作までほぼ問題なく進みました。

基本動作に上下動を加えて平面のものに当てて糸を動かす練習から、丸み・カーブのあるキウイの毛を抜く実習にすぐに入りました。

上下動が加わると基本動作が少し乱れることもありましたが、それぞれの受講生の方の進度に合わせて、時には基本動作に戻ったりしながら、癖がつかないように修正していきました。

緊張で手が混乱してしまうこともよくあるのですが、先生が手を取って一緒に動かして、正しい開閉の動作の感覚をつかまれて、ご自分でも意識して修正されていました。

午前中の内にペアになってお互いの腕の毛を抜く実習をしました。

腕の実習の際に、再度一人一人の糸の当て方や当てる場所、当てる範囲、左右の力加減などを確認していきます。

腕の実習をする頃には、狙った1本が抜けるようになってくるので、糸を動かすのがどんどん面白くなってきます。

受講生の方々

「難しい~」

「抜けてるよ!」

「今の抜けた!」

「楽しくなってきた~」

などのお声が各ペアから聞こえてきます。わいわいと楽しそうでした。

みなさま午前中のうちに、平面の毛はだいたい抜けるようになっていらっしゃいました。
平面の毛の糸除毛を練習している間に、手のポジションや力加減を先生が何度も回って修正します。

特に、蝶式糸除毛の軽いタッチの決め手となる糸の使い方は、わずかな違いによる糸の感触の違いを実際に体感していただきながら、違いを意識して手を動かすようにしていただきました。

また、伝統的な口と手を使った三点式の糸除毛も少しだけですが練習しました。

伝統的な糸除毛が出来ると、糸除毛をご希望のお客様に両方体験していただいて、蝶式糸除毛のタッチの違い、痛みの違いを感じてもらうことも出来ますし、何より施術されている方ご自身が、講義で習った糸除毛の毛が抜ける原理や、用いる力の違いによる糸除毛のタッチの違いを身体で感じていただけます。

伝統的な糸除毛は引っ張る力、多くの新式の糸除毛がはさむ力、蝶式糸除毛は弾く力を利用して糸を動かしますが、伝統的な糸除毛の練習をすると、その原理の違いと痛みの違いがとてもよく分かります。

また、伝統的な糸除毛が出来ることで糸除毛の施術の幅も広がります。伝統的な糸除毛は面で毛をとっていくため、蝶式糸除毛より痛みは強いですが、広い面の糸除毛をする時には伝統的な糸除毛手法を使われるなど、使い分けされている方もいらっしゃいます。

伝統的な糸除毛が終わった後は、自分の口まわりをセルフで糸除毛する練習をしました。

口まわりは皮膚が薄いわりに毛が多い場所です。
比較的敏感な場所ですので、セルフ糸除毛をすると糸が当たる感触や、抜ける感触、成功する当て方、抜けない当て方、痛い取り方、痛くない取り方がよく分かります

毎回、口まわりの糸除毛の実習中に、左手の動かし方がとても上手になる方がいらっしゃいます。セルフで行うと、抜く方と抜かれる方の感覚を同時に体験することになるので、上手くいった時のコツがつかみやすく、弾く力の使い方が上手になります。

口まわりの実習の後は、蝶式糸除毛で眉を整える実習をしました。

顔型と眉型の組み合わせの説明の後、実際に受講生の方の顔の形を比較してみたり、モデルの眉毛の形をシャオ先生が糸だけで変えてみました。

眉の形を変えるとがらっと印象が変わります。

またいろいろな手法で、糸を使って眉のラインを出したり、眉まわりのムダ毛を糸で抜いたり、眉毛の長い所を糸でカットしたり、眉毛が多すぎるところをすいたりなど、いろいろな糸の使い方で眉毛を整えるのを、みなさますごい~とおっしゃりながら見ていらっしゃいました。

お手本の後は、実際にセルフ糸除毛で眉毛を整えてみました。

はじめは糸が眉毛に絡んだりして「痛い!!」という場面もあったのですが、手法が正しくできた時に、狙ったムダ毛が取れたり、眉のラインをきれいに作ることに成功すると、「できた!」「楽しい~」といった達成感のお声も出てきていました。眉のラインづくりで手の動かし方がぐっと上手くなられた方もいらっしゃいました。

眉まわりの糸除毛の後は、顔全体の糸除毛のお手本と深部の角栓の取り方のお手本がありました。

この日はスタッフが顔全体の糸除毛のモデルになったのですが、肌がすべすべモチモチになりました。受講生の方にも触り比べていただきました。

顔全体の糸除毛のお手本の後は、ペアになって顔全体を蝶式糸除毛していきました。

お顔は立体的なので、最初はみなさま細かい場所には苦労されます。シャオ先生が各ペアを回って細かく修正していくうちに、みなさま少しずつコツをつかまれ、だんだん上手になっていらっしゃいました。

この日はみなさま予習をしっかりしてきて下さったこともあり、実習の時間が長く取れましたので、顔半分ずつ交代しながら、2人とも実習が終わったら、残りの顔半分を糸除毛しました。交代を挟んで2回実習した形ですが、「一回目より二回目の方がやりやすい」とおっしゃっていました。

12/2(土)の蝶式糸除毛には補講として2名の修了生の方々が参加されました。
お一人は前回9月の講座に受講された方で、すでにモニターさんに糸除毛を提供していらっしゃり、とてもお上手でいらっしゃいました。

蝶式糸除毛講座は一度受講されると、次回以降の講座の際、補講として無料でご参加いただけます。

今回はじめて蝶式糸除毛講座を受講された方ははじめは糸の扱い・動かし方に慣れなかったようですが、修了生の方々がとてもお上手なのを見られたり、3ヶ月前に受講されて既にお客様に提供されている修了生の方がお客様の反応がとても良いというお話などをされていらっしゃるのを聞かれて、「練習したらもっと上手くなれる」という実感や、サロンメニューに導入できるイメージを持たれたそうです。

講座の最後にみなさまに一言ずつご感想をいただく時間に、補講に来て下さった修了生の方が「補講に来るならばしっかり練習してこられた方がいいです。練習しないで二回目を受けるのと、練習した後に二回目を受けると、見えるもの、修得できるものが違います」とおっしゃっていました。補講の方は本当にお上手でしたし、しっかり3ヶ月間練習してきて下さった上でのお言葉にはとても説得力があり、初受講の方も「練習がんばります!」とやる気に燃えられていました。

受講生の方のお声

2017年12月2日の蝶式糸除毛講座の終了後のアンケートにご協力いただいた受講生の方のお声をご紹介いたします。

Y.I様

受講しようと思われた理由

将来的に独立開業したい

受講お申込された決め手は?

台湾に行った時に糸除毛を数回やっていて、すべすべになるのは知っていたし、低コストで始められる事業を考えていた時に、糸除毛を思いつき、申し込みました。本場の先生に直接指導を受けられる事と、何回でも補講して良い事が決め手でした。

受講されてみていかがでしたか?

除毛中に気を付けなきゃいけない事がたくさんあり、パニックになる事もありましたが、場数をふんで修得したいと思いました。

Y.I様 埼玉県

井澤奈津子様

受講しようと思われた理由

サロンメニューに加えるため。将来的に独立開業したい。糸除毛の施術を受けたことがあった(修了生の方に仕事先のサロンで)

受講お申込された決め手は?

材料が手軽なこと、実際に講座を受けた方に施術してもらい感動したこと。

受講されてみていかがでしたか?

思っていた以上に奥深いと思いました。その場で効果が分かるのがすごいです。もう少し勉強したいです。

受講されて収穫があった点

顔のひきあげ効果におどろきと感動です。また参加者の皆様といろいろな情報交換ができたことも大きかったです。

井澤奈津子様

匿名様

受講しようと思われた理由

将来的に独立開業したい。

受講お申込された決め手は?

近くのブラジルの方がやっていて、インターネットで調べました。本場の方から教えて頂くのが一番と思い申し込みました。低資本で開業という所にもひかれました。

受講されてみていかがでしたか?

とても肌がリフトアップして、白くびっくりしました。手が疲れ、すぐに糸が切れ、とてもむずかしかったです。

受講されて収穫があった点

スマホで(Youtubeの動画で)見ていた糸除毛とちがい、とっても奥のふかい物でした。

匿名様

A様

受講しようと思われた理由

サロンメニューに加えるため。自分自身で糸除毛をしたい。

受講お申込された決め手は?

旧式よりも刺激が少ないという情報を見て。少人数制でサポートもしっかりしてくれるとの事でしたので、初めてでも不安なく申し込むことができました。

受講されてみていかがでしたか?

思った以上にむずかしかったです。でも、練習すれば必ず上達するという希望も見えました。できてない所を的確に指摘してくれたのも良かったです。先生もぎもんを聞きやすい感じで、また教え方も丁ねいで分かりやすかったです。

受講されて収穫があった点

実際にやってみないと気づかない細かいギモンを全て教えてくれたことが一番の収穫でした。

A様 東京都

修了生の方のお声

補講として2017年12/2(土)の蝶式糸除毛講座に参加された修了生の方のお声をご紹介いたします。

今回、補講として参加された修了生の方はお二人とも、2017年の蝶式糸除毛講座を初受講された方々でしたが、既に蝶式糸除毛をお客様に提供されている方もいらっしゃいました。

木山孝美様

蝶式糸除毛を提供されてお客様の反応はいかがですか?

お金の方はまだ自信がなかった為いただいておりませんでしたが、顔のリフトアップ、肌のはり、つや、手ざわり、などと喜んでいただいております。一度受けてのリピートも望んでくださり、効果は感じてもらえてると思います。

補講に参加されていかがでしたか?

まず、先生方がとても親切です。そして、初参加の時と違って、自分のくせや前回聞きもらしていた事などが発見出来て非常に良かったです。相モデルをさせてもらうだけで、お顔も『ツルピカ』になりました!!ラッキーです(笑)

一日お勉強して自信が持てたので、新メニュー導入したいと思います。

木山 孝美様 大阪府

Y様

補講に参加されていかがでしたか?

今回は2回目なので余裕もあり、楽しく補講を受けられました。前回は帰ってからなかなか練習が出来ませんでしたが、今回はさらなる意欲がわきました。

少し余裕をもって聞く事が出来たので細かい手の動き(鼻の横等)を理解する事が出来ました。あとは練習もしっかりがんばります。

Y 様 愛知県

スレッディング技術を1日で学べるスクール

糸で脱毛する蝶式糸除毛スクール

糸で脱毛し、眉毛を整えるスレッディング技術を1日で学べる蝶式糸除毛講座を2018年6/23(土)に開催いたします。

エステサロンや美容室などサロン経営者の方や将来的にサロン開業をお考えの方などが受講されており、スレッディング(糸除毛)を習得することで、

  • 「リピート率が上がった」
  • 「客単価が上がった」
  • 「お客様の来店頻度が上がった」

というサロン経営者の方が多いです。

前回、2018年2/24(土)に開催した蝶式糸除毛講座のスクール中の写真はこちら

2017年12/2に開催した蝶式糸除毛講座の写真・受講生の方のお声はこちら

2017年9/23の蝶式糸除毛講座のスクール風景写真・受講生の方のお声はこちら

2017年6/24の蝶式糸除毛講座のスクール風景写真・受講生の方のお声はこちら

蝶式糸除毛1day講座の詳細はこちら

蝶式糸除毛講座は不定期開催となっております。「蝶式糸除毛講座を受講したいけど、2018年6/23(土)はご都合が合わない」という方は開講お知らせ希望フォームより送信いただけますと、次回以降の日程が決まり次第、メールにて講座日程をご連絡させていただきます。

LINEで台湾美容技芸発展協会 日本語窓口を友だちに追加していただくと、次回の講座日程が決まり次第、LINEでご連絡させていただきます。

友だち追加